サイレントヒル2のストーリーを完全ネタバレで紹介。

Pocket

サイレントヒルシリーズの中で屈指の良ストーリーであるサイレントヒル2。

ここではサイレントヒル2のストーリーを完全ネタバレで紹介しています。

後の方でサイレントヒル2に関する考察も書いています。

スポンサーリンク



最初に

最初にいくつかストーリーを紹介するにあたって注意点を書いておきます。

ゲームの進行で出現する謎解きの部分はカットしています。

序盤はできるだけ謎を残したまま考察はストーリーが終わってから別で書いています。

サイレントヒル2のストーリー

サイレントヒル2には複数のエンディングが複数ありますが、今回はその中でもトゥルーエンドとされている入水エンドを元に書いています。

始まり

トイレの中で鏡を見つめる主人公ジェイムス。

「メアリー…この町にいるのか」

ジェイムスは妻でメアリーを探しにある町へやって来た。

外に出ると寂れて人気のない町がそこにはあった。

妻であるメアリーの手紙の一部分が画面に現れる。

あいまいな眠りの中で夢見るのはあの町
サイレントヒル
いつかまた 二人で行こうと約束しておきながら
私のせいでかなわなかった
私は一人でそこにいる
あの思い出の場所であなたを待っている

ジェイムスは3年前に病気で死んだはずの妻から手紙が来て、半信半疑であったがメアリーに会いたいがためにサイレントヒルに来た。

ジェイムスは「この町には思い出が多すぎる」と発言しているので以前にサイレントヒルに来たことがあるようです。

ジェイムスはあの場所とはメアリーと一緒に行ったことのある湖畔の公園の事ではないかと考え公園を目指す。

霧の立ち込めるサイレントヒルの町を進んでいると一人の女性と出会う。

彼女に道を尋ねるジェイムス。

道を教えてくれた女性は「町が変になっているからサイレントヒルには行かないほうがいい」とジェイムスに忠告したがそのままサイレントヒルに進むジェイムス。

この女性も自分の母親を探しにサイレントヒルにきたようです。

クリーチャーとの遭遇

サイレントヒルを探索していると町の中でトンネルを見つけるジェイムス。

中を物色していると何かうごめく物を見つける。

それは人の形をしたクリーチャー「ライングフィギュア」だった。

ジェイムスはクリーチャーを倒すとトンネルの中にあったラジオを手に取り、この町のおかしさを感じながらも目的地へ向かう。

ラジオはクリーチャーが近くにいると音を出して教えてくれるアイテム。

アパートの中で

目的地に向かう途中にウッドサイドアパートに立ち寄るジェイムス。

そこでライトを見つけると近くには上半身に下半身があるクリーチャー「マネキン」が現れる。

クリーチャーを倒し、アパート内を探索していると「死という結論」という本を発見する。

生きるのに絶望したとき人はそれを選ぶしかない。
私もまた、それを選んだ。
あの過去はそれ以外の選択肢を私に投げかけてくれなかったから。
それを選んでから、それを行うということだけが、私の命をつなぎとめていた。
時折、昔の事に思い出して泣く以外、どこで、どうやって、どんなタイミングでそれをするか、それだけを考えていた。
自分の身に危険が及ぶようなことも、どうせ死ぬのだから、これでもいいかと思った。
むしろ自分から危ないことをやった。
人付き合いが悪くなり、かつての友人とも疎遠になったがそれも気にならなかった。
どうやらこれを書いた人は過去にあった出来事に絶望して死という選択を選んだように見えるが書き込みから見るとまだ死んだかどうかはわからない。

本を読み終えアパートの他の部屋を探索しているとクリーチャーを殺す人型クリーチャー「レッドピラミッティング(三角頭)」を見つける。

隠れてその姿を見ていたジェイムスだったが銃弾を何発か当てると三角頭はどこかに行ってしまった。

アパートの外に出たジェイムスはとあるゴシップ誌を発見し読む。

中身は二人の兄妹を殺害したウォルターサリバンという男が警察に捕まり、拘置所内で自殺をしたという内容であった。

このウォルターサリバンはサイレントヒル2ではあんまり関係ないですがサイレントヒル4では重要人物として登場します。

エディーとの出会い

再び町に出て別のアパートの一室へ向かうジェイムス。
そこには人の死体とトイレで嘔吐している男性「エディー」がいた。

彼も何か目的があってサイレントヒルを訪れたようだが、外にいるクリーチャーが怖くてアパートに逃げ込んできたようだ。

エディーにサイレントヒルから逃げることを促したジェイムスはそこでエディーと別れアパート内を探索する。

アンジェラとの再会

アパートの非常階段から隣のアパートに移動するジェイムス。

中を探索していると道を教えてくれた女性がいた。

彼女はアンジェラといい包丁を持ったまま横になっており自殺しようとしていた。

それを止めようとするジェイムス。

彼女と会話をしているとアンジェラは母親を探しに来たがどこにいるかもわからないし、昔の事も忘れてしまっている様子。

さらにアンジェラは自分で「包丁を持っていると自殺したくなるからジェイムスが持っていて」と言い包丁をジェイムスに渡そうとするが、ジェイムスが近づくと急に「ダメ」といいながらジェイムスに刃を向けるなど混乱している様子だった。

アンジェラは幼い頃に父親に虐待されている過去があり、そのせいで男性が怖かったのだと推測されます。

結局、包丁を置いてどこかへ行ってしまったアンジェラ。

再びアパート内を探索をし始め、とある一室の扉を開くとそこには三角頭がいた。

再び銃で攻撃をし何発か当てると三角頭はまたどこかに歩いて行ってしまった。

ローラ、マリアとの出会い

探索を終え、外に出たジェイムスは壁の上に座っていた少女「ローラ」と出会う。

彼女は何故かメアリーの事を知っており「だってメアリー嫌いなんでしょ」という言葉を残しどこかへ走り去っていった。

その後、目的地である湖畔の公園に着いたジェイムスはメアリーの姿にそっくりな女性「マリア」と出会う。

ただ顔や声は似ているが髪の色や服装など違う点もあった。

マリアにメアリーの事を話すジェイムス。

マリアは「思い出の場所はここだけなの」とジェイムスに言うとジェイムスはメアリーとホテルに一緒にいた過去を思い出した。

ホテルを目指そうとするジェイムスにマリアは付いていくことになった。

マリアはホテルの場所を知っていたり後のストーリーでも道や建物に詳しかったりとサイレントヒルが初めてではないようです。

ホテルを向かう途中にボーリング場に立ち寄る二人、そこにはローラとエディーが一緒にいた。

二人の会話を聞いてみるとどうやらエディーは警察から逃げているというようでローラはメアリーに会いにサイレントヒルを訪れたらしい。

ジェイムスがエディーに近づくとローラはどこかに行ってしまった。

ローラを追いかけて

ローラを追いかけるジェイムスとマリア。

途中大人が通ることのできない道を通って行ってしまい、先へ行くにはある建物を通っていくしかないとジェイムスに教えるマリア。

ローラを追いかけるため建物の中に入る二人。

何事もなく建物を抜け病院の中に入る。

中に入り探索をしていると病院の中にある患者に関するメモがあり、そこにはこう記されていた。(一部を抜粋)

この病の要因は全ての人の中に存在し得えるものであり、そしてなんらかのきっかけがあれば、例えば彼のように向こう側へ行ってしまうことも容易にありえる。
”向こう側”という言い方はただしくないかもしれない。

その間に壁はない。ちょうど現実と非現実の境目が曖昧であるように。
近くかもしれず、遠くかもしれない場所だ。
しかし私は時には疑問を抱かざるにはいられない。
確かに彼の想像は我々にとっては虚構である。
だが彼にとっては現実に他ならない。
そして彼はそこで幸せなのだ。

それなのに、我々は我々の現実に彼にとっては苦痛でしかないこの世界に
引き戻すための治療をしなくてはいけないのだろうか。

ここでいう「向こう側」は自分の想像で作りだした世界のことであり、人間誰しもつらいときがあったら自分の想像した世界に逃げ込んでしまうことがある。
そしてこの医者はその想像した世界にずっといて現実がわからなくなってしまったある患者を現実に引き戻すべきなのか苦悩しているのがわかります。

メモを読み終え病院内を探索しているとナースの姿をしたクリーチャー「バブルヘッドナース」が現れる。
倒しながら先に進んでいると途中でマリアが「疲れた」と言ってベッドに座りだしたのでジェイムスはマリアをベッドに寝かせてから一人で病院内を探索することになった。

病院の屋上に着いたジェイムスはある患者の闘病生活が綴られた日記を発見する。

中身は

  • 薬の副作用で頭がぼーっとする事
  • 薬は服用しているが症状が改善しない事
  • 薬漬けになっている事
  • 退院する事

について書いてあった。

おそらくこの患者というのはメアリーのことであり、彼女は病気が治らない中で妄想の中に逃げ込んでいたのではないかと僕は考えます。

ローラがメアリーを知っていた理由

病院の中に戻ったジェイムスはとある部屋で一人で人形遊びをしているローラを発見する。
ジェイムスはローラに何故メアリーの事を知っていたのかを尋ねた。
メアリーはローラが去年に病院に入院していたときに一番最初に知り合った友達だと答えた。
ジェイムスの中ではメアリーは3年前に亡くなっていると思っています。
どっちが嘘を言っているかはこの時点ではわかりません。

メアリーの手紙を探しに行くはずが

ローラと一緒に病院を出ることになったジェイムスだったがローラがメアリーの手紙を取りに行くと言い出した。

ローラに導かれるままにある病室に入ったジェイムスは一人で暗い部屋の中に入り手紙を探していると突然ローラが扉を閉めて鍵をかけてどこかに行ってしまった。

それと同時に部屋の天井からクリーチャーのフレッシュリップスが姿を現した。

倒し終えて部屋に中にあったはしごで下に降りたジェイムスは病院の地下に向かった。

地下の部屋で隠し扉を見つけ中に入るとそこには何故かベッドで休んでいたはずのマリアがいた。

マリアは置いてけぼりにされたことに怒りを爆発させたがすぐに一緒にローラを探しに行くことになった。

移動の途中でエレベーターに乗った二人だったが突如エレベーターが動かなくなり、姿が見えないが何者かが陽気な音楽とともにジェイムスたちにクイズを出した。

問題の内容を簡単にまとめると

  1. サイレントヒルにある遊園地の名称は?
  2. サイレントヒルにいた幼い兄妹を惨殺した犯人の名前は?
  3. サウスヴェイル地区からペイルヴェル地区に行くためにある唯一の道の名前は?

クイズを出し終えると3階倉庫で回答してねという言葉を残して再びエレベーターが動き出した。

ちなみに答えは上から「レイクサイドアミューズメントパーク」、「ウォルター・サリバン」、「ネイサン・アベニュー」で答えてもアイテムがもらえるだけなので割愛します。

三角頭に追いかけられ

3階に行き問題を答えた後に他の部屋を探索していると突如、後ろから三角頭が追いかけてきました。

二人で逃げてエレベーターの前に着き先にジェイムスが中に乗り込むと扉が勝手に閉まりマリアの手だけがはさまってしまった。

何とかして開けようとするジェイムスだったがマリアは追ってきた三角頭によって殺されてしまった。

それと同時に扉が完全に閉まりジェイムスは失意でその場に座り込んでしまった。

メアリーに会いに

エレベーターから出て1階の部屋に入るとそこにはネイサン・アベニューに行くための地図と地図に従えというメッセージが書いてある紙があった。

地図に従いジェイムスは病院を出てネイサン・アベニューに向かうことに。

直接は関係ないですがネイサン・アベニューに向かう途中に、ある家の中の壁に「本当にメアリーに会いたいならば死ねばいい。ジェイムス、あなたが行くのは別の場所かもしれないけれど」という謎のメッセージをジェイムスは発見します。
ネイサン・アベニューに向かっている途中にある家の前で手紙を発見する。
そこにはこう書かれていた。(一部抜粋)
あるいは君は愚か者である。真実は大抵人を裏切る。
資料館にその深淵の一つはある。
私の患者がそこに埋めた。知っておきながらほうっておいた。
手元に置いておくのが不安だったからだ。
私は真実よりも平穏を求めた。
私もあれを見たのだ。
私は逃げそして資料館に封印した。
手紙の内容を要約すると「真実を知るための物の一つが資料館にあるから取りたいならば資料館へ向かえ」という事です。
手紙を読んだジェイムスは資料館に向かうことにした。

資料館の中で

資料館の中に入ったジェイムスは「霧の日、裁きの跡」という三角頭をモチーフにした絵を発見する。

他にも絵はあったがジェイムスは資料館の地下に進んでいった。
地下にはいくつも部屋があり、とある1部屋に底が見えない穴があった。
ジェイムスは飛び降りるとそこには周りが壁だらけで上にも登ることができない井戸のような空間があった。しかし周りを調べてみると隠し扉があった。
扉を開けまたいくつかの部屋を調べていると、とある部屋にエディーがいた。

おかしくなったエディーが

銃を持っていたエディーはどうやら人を殺してしまったようでうなだれていた。

殺した理由は「エディー自身は何もしていないのに殴りかかられたから」、「馬鹿にしたような目で見ていた」というもので部屋の中にいた人を射殺したようです。
殺した理由をジェイムスが聞いた後におかしくなっているエディーは「本当はすでに死んでいたんだ」と言い残して一人で部屋を出て行きました。

死んだはずのマリアが

エディーを追いかけずに再び探索を始めたジェイムスはまた部屋の中にある穴を発見し飛び降ります。
飛び降りた先には道があり進んでいくとジェイムスは牢屋に閉じ込められているマリアを発見します。
しかしマリアの体は何故か無傷で三角頭に襲われた事を覚えていませんでした。
「他の人と間違えてない?」とマリアは微笑しながら言い、続けて「あなたは昔からそそっかしい所がある」と言ったり昔話など何故かマリアが知らないような事を話し始めた。
「マリアじゃないのか?」とジェイムスは言うとマリアは「私は本当のメアリーじゃないわ」と言い放った。
「だからマリアなんだろう?」と問いかけるジェイムスにマリアは「あなたが望むならそうなのかもね」と意味ありげに答えた。
殺されたはずなのに無傷だったりメアリーとジェイムスしか知らないことをマリアが話したりとマリアが普通の人間ではないというのがわかります。
「ねぇ迎えに来てよ」とマリアが言うとジェイムスはマリアを救出しに行くことにした。

アンジェラと再会したが

マリアを助けに道を進んでいる途中にある部屋から女性の叫び声が聞こえた。
ジェイムスがその部屋に入るとそこにはアンジェラと襲い掛かろうとするクリーチャー「アブストラクダディ」がいた。
ジェイムスがクリーチャーを倒すとアンジェラはクリーチャーを蹴ったりそばにあったテレビを投げつけました。
ジェイムスがアンジェラに話しかけるとアンジェラは「どうせ助けたのも下心があるんでしょう」とジェイムスに言い放ってから取り乱します。
先に言いますとアブストラクダディはアンジェラが父から受けた性的な暴行によるトラウマが生み出したものだった。だからアンジェラが必要以上にクリーチャーに攻撃していたわけです。
なのでアンジェラは助けてもらったであるジェイムスに対しても警戒していたという訳です。
落ち着いたアンジェラは何故かメアリーの死因についてジェイムスに尋ねます。
「病死だ」とジェイムスが答える。
するとアンジェラが「嘘つき!わかるもの、いらなくなったんでしょかわりでもできたの?」とジェイムスに言い放ってから部屋を出て行った。
意味ありげに聞こえますがアンジェラ自身は男性を憎んでいるからジェイムスの言っていることが信じられなかったんだと推測します。
再びマリアを助けに向かうジェイムス。
マリアがいる部屋の扉を開けるとそこには血まみれでベッドの上に寝ているマリアの姿があった。
どうしてこんな事が起こっているのかわからないと悲しみに打ちひしがれているジェイムスでしたが部屋を出て先に進みます。

エディーとの対決

一本道を突き進んだ部屋の先には1体の死体とエディーがいた。

エディはまた侮辱されたので殺したとジェイムスに言った。

「俺を馬鹿にするようなやつはみんな撃っちまえばいいんだ。」
と以前の弱気なエディとは違いそこには強気で狂ってしまったエディがいた。

「エディー、狂ったのか?」とジェイムスが言う。

馬鹿にされたと思ったエディーはジェイムスに襲い掛かった。

エディーはいつもいじめられており鬱憤が溜まっていたが犬が吠えてきたのがきっかけで犬を銃で撃ち、その飼い主の足も撃ちサイレントヒルに逃げ込んだがそこからエディがおかしくなってしまった。
ジェイムスはエディを殺してしまったがその事がきっかけでメアリーが3年前に死んでいないと言うことを思い出します。

メアリーとの思い出のホテルへ

資料館を出て一人トルーカ湖へ向かうジェイムス。

湖に着きメアリーと昔泊まったホテルに着くと312号室を目指すことにした。

中を進んでいるとそこにはピアノを弾いているローラがいた。

どうやらローラもメアリーに会いにホテルに来たようである。

ローラは病院の看護婦であったレイチェルから盗んだメアリーがローラに宛てた手紙をジェイムスに見せた。

手紙の内容を簡潔にまとめると

  • 何かあったらジェイムスを頼って欲しい事
  • もし病気が治ったら本当に娘にしたかった事

以上の事が書かれていた。

手紙を読みますますメアリーが3年前に死んでいないと確信しつつあるジェイムス。

さらにもう一つ手紙を持っていると言ったローラだったが途中で落としてしまったらしく手紙を探しに部屋を飛び出してしまった。

全てが明らかに

そのままジェイムスは312号室を目指し、無事部屋にたどり着くと中にはビデオテープがあった。

そのビデオはジェイムスとメアリーが312号室に泊まった時に撮影した思い出とベッドに寝ているメアリーにジェイムスが何かをしている映像が映っていた。

その映像を見たジェイムスは何かを思い出したように椅子に座りうなだれた。

そこにローラが現れメアリーに会えたかジェイムスに尋ねます。

「メアリー死んだんだ」とローラに言うジェイムス。

「病気で死んじゃったの?」と死因を尋ねるローラ。

ジェイムスは「私がメアリーを殺したんだ」とローラに言いました。

ジェイムスを罵倒するローラは部屋を出て行ってしまった。

うなだれていたジェイムスだったがラジオからジェイムスを探しているメアリーの声が流れてきた。

「速く来て」、「どこにいるのジェイムス」、その声を聞き部屋を出るジェイムス。

別の部屋に入るとそこには医者とジェイムスの会話が録音されている機械があり聞いてみると

  • メアリーの病気はもう治らない
  • 余命はもって3年

という内容だった。

ジェイムスがメアリーは3年前に死んだと思い込んでいたのもこの余命が3年というのが頭の中に残っていた為だと思います。
エレベーターでホテルの地下に向かったジェイムス。
地下は水びたしになっており、下半身まで漬かるほどの深さだった。
先に進むと燃え盛る階段にアンジェラが立っていた。
ジェイムスがアンジェラに近づくとアンジェラは「ママ会いたかった」と言ってジェイムスに近づいてきた。
実際にジェイムスの顔をまじまじと見ると正気に戻り、自殺するために最初にジェイムスに渡した包丁を返してとアンジェラは言った。
ジェイムスが断るとアンジェラは階段を昇りどこかへ消えてしまった。
引き返して別の階段を使ってホテルの1階に着いた。

最後の戦いへ

ホテルの中を進み重厚な扉をあけた先には2回も死んだはずのマリアが吊るされており、両脇には三角頭がいた。
そこに3体目の三角頭が現れ、彼によってマリアはまたジェイムスの目の前で殺されます。
もうこの時点でジェイムスはマリアが自分が妄想したものを具現化した存在だというのを認識しています。
三角頭はジェイムスがメアリーを殺してしまった事で自分自身を罰して欲しいという心の奥底にあった自罰意識が具現化した存在であったことがここでわかりました。
2体の三角頭がジェイムスに襲い掛かり対決することになったがある程度ダメージを与えると
三角頭は自分の持っていた武器で自分自身を突いて死んでしまった。
自分自身をつくというのは自殺をイメージさせるものであり、ジェイムス自身にも自殺願望があったと思われます。
奥にある扉に入り進んでいると昔、病室でメアリーがジェイムスに八つ当たりしていた時の会話が聞こえてきた。
さらに進みホテルの屋上に着くとそこには昔の姿のメアリーがそこにいた。
「メアリーはあなたが殺してもういない」
メアリーの姿をしたマリアがそうジェイムスに言った。
マリアはジェイムスの妄想で作られた存在だという事を自覚しており、それでも一緒にジェイムスといたいと望んでいた。
「マリア、もういいんだ」
過去との決別をするべくジェイムスはマリアに言った。
「メアリーには渡さない」
そう言い放つとマリアはクリーチャーの姿になりジェイムスに襲い掛かった。
マリアを倒すとジェイムスとメアリーが家で一緒にいた場面に移る。
メアリーがベットの上におりジェイムスがメアリーに話しかける。
メアリーに対して自身の苦悩を打ち明ける。
「本当は死にたくないといっていた君を殺してしまった。」
「メアリーに八つ当たりをされていつしか君が憎くなり、いなくなればいいと思ってしまった。」
メアリーはそれに対して「あなたは私を殺したことで苦しんでいる。それでいいわ。」
と言ってゆっくりと死んでしまいます。
この場面はおそらくジェイムスの頭の中の場面なのかなと想像します。
ジェイムスは何故サイレントヒルに来たかを思い出し、死んでしまったメアリーを担いで家を出て行きます。
水中に沈んでいく中でローラが持っていたもう一つの手紙の内容が出てエンディング。
入水エンドはジェイムスが全てを思い出し、本来やろうとしていたメアリーの死体を乗せた車ごと水の中に落ちるエンディングで自殺ということです。
手紙の細かい内容や考察は別で書いているので興味があれば見てください。

サイレントヒル2の考察

サイレントヒル2をやり終えての考察です。

僕自身の意見が混じっているので正しくない部分もあるかもしれませんので注意してください。

サイレントヒル2のストーリーのまとめ

サイレントヒル2のストーリーを簡単にまとめるとジェイムス自身が忘れていた現実を具現化した自分自身の妄想によって気づかされるという内容です。
ストーリーの中で登場するメモなども誰に向けて書いたかわからないことが多いですが実際はジェイムスに関する事が多いです。
クリーチャーに関してもジェイムスの負の感情などが具現化している物がほとんどです。
特にマリア三角頭はジェイムスに対するメッセージ性が強い存在です。
マリアはメアリーという存在を具現化したような存在であり、マリア自身もメアリーの記憶があるのでジェイムスが行かなければならない所へ導いたり、意味深な言葉でジェイムスの記憶を思い出させようとします。
ただ他のクリーチャーと違って自我が芽生えてしまったので
三角頭に関してはジェイムスの目の前でマリアを2回殺しています。
これはジェイムス自身が「自分がメアリーを殺した」という事実を思い出させるために行動していると考えられます。
また三角頭が死ぬ時も自殺という形で死んでいます。
これもジェイムスが忘れていた真の目的である自殺というのを気づかせようとしていると僕は考えました。

ローラがサイレントヒルで生き残れた理由

ローラがクリーチャーがいるサイレントヒルの中で生きていたのは彼女にとってサイレントヒルはただの人のいない町だったからです。

どういうことかというと彼女自身にはトラウマや悪いことをしている訳ではないのでサイレントヒルの不思議な力の影響を受けていない訳です。

なのでクリーチャーも見えません。

見えるのはエディーやジェイムス、アンジェラなどの悪いことをしたりトラウマがある人間のみということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする