恋愛、借りちゃいましたをプレイした感想

Pocket


AsaProjectの最新作「恋愛、借りちゃいました」を予約で買いました。

とりあえずネタバレありでプレイしたところまでの感想を書いてみます。

あくまで個人的な意見なのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク



共通ルートの感想

今回は友達がいない無愛想な主人公(新海 幸)がレンタル人材派遣というバイトを通じてヒロイン達に出会ってなんだかんだで恋愛に繋がるというコンセプト。

どっちかというとヒロインが主人公を攻略しているという印象でした。

主人公は家庭の事情でとにかくお金にがめついんですけど、絵未はそんな姿を見た後でも主人公を嫌いになっていないし幸に邪険にされる感じが可愛かったです。

見た目より最初の印象よりストーリーを進めていく中でどんどん可愛さに引き込まれました。

ただ同じクラスに仮にも彼氏役と同じ名前の人がいて、いつも友達と話してる時に幸の机に座っていて全く気づかない絵未は逆にすごい。

その点八純は学園でも唯一幸に話しかけてるし、変装した幸にもすぐ気づくという一途さ。
しかも結構のほほんとしたような感じに見えて積極的というギャップがなんか新鮮でした。

チョイ悪な事をしたいと言いつつ積極的に主人公にアプローチする姿は可愛すぎ。

普通だったら彼女がいるのにその彼氏をデートに誘うとかキスするとかするのはヒロインとして不快に思うんですが、今作のコンセプトが活かされていて「絵未と付き合っていない」のがわかってるんで八純に対して不快になりませんでした。

椿はヒロインの中で唯一しっかりした大人なのに恋愛経験がなく主人公に褒められて戸惑ってる姿は良かったです。

絵未が彼女(仮だけど)だと知っていても理解をしめしてるのは今作のコンセプトの良さだと思いました。

ちなつとこなつは今作では個性が強いキャラのはずなんですが個人的になぜか印象に残っていません。

こなつは下ネタ要員、ちなつはよくあるツンデレみたいな感じでヒロインというよりはサブキャラの印象が強かったからなのかも。

それと今回は同級生の男キャラがでるという事もあってギャグ路線に期待していたんですが良いやつだけど地味で存在感があまりなかったのが残念。

個人的には「アッチむいて恋」の風間慎吾や「ひとつ飛ばし恋愛」の蒼木恭次郎の様な個性的なキャラを期待してたんですが・・・

キャラ同士の掛け合いはさすがアサプロという感じで面白かったですが極端なギャグ要素は弱めでした。

ただ個人的には共通ルートは少し短かったように感じました。

今回は結構あっさり終わっていつの間にか個別ルートに移行したんで個人的には「あれもう終わったの?」っていう印象。

逆にいえば自然な流れで個別ルートに移行してるんでシナリオ全体でいえば悪くないのかもしれません。

個別ルートの感想

各ヒロイン別で感想を書いています。

まだプレイと中なので攻略したら随時更新します。

追記:2019年8月25日

情報を更新しました。

絵未と八純ルート

個別とは違いますが椿と双子を選ばなかった場合に絵未と八純を選ぶ為に始まるルート。
やけに共通部分が短いなと思っていたらこの二人のルートがあったからなのかと納得。

共通ではやんわり幸にアピールしていた八純がストレートにアピールし始め、いよいよ幸に告白しようとした時に絵未が現れて、本当は絵未と幸が付き合ってない事を知ります。

二人が喧嘩をしつつ結局絵未と八純が同時に幸に告白するわけですが結果は幸が悪態をついて保留状態に。

ここで八純のイメージがだいぶ変わりました(良い意味で)。

幸目線で見れば二人とはほとんど同じタイミングで知り合ってるような感じですが
プレイしてる側だとやっぱり八純の選んじゃいますよこれはって位、八純の方が魅力的にかんじました。

八純が「親友よりも主人公の事の方が大事」と言うセリフがありましたが、こう言い切れるヒロインって中々いないんじゃないでしょうか。

そんな事もあって二人がギスギスするのかと思いきや、仲の良さを残しつつ主人公に積極的にアピールするという、良いライバル関係でよかったです。

主人公に好き好きいうのは当たり前で、自分の家に招いたりあわよくばの関係になろうとしたりと

ここでまだ付き合ってないからすごいって位のアピールぶり。

でいよいよ2回目の告白でどちらかを選ぶわけですがどっちも魅力的だから選ぶに選べません。

しかもこの告白でら残りのサブキャラのルートの選択肢もあるんで逆にこんだけ二人からアピールされて他を選べる主人公がすごい。

泣く泣く最初に八純を選びました。

心が…いてぇなぁ…。

そのあとでようやく個別ルートに行きます。

絵未ルート

まだプレイ中なので終わりしだい書きます。

八純ルート

まだプレイ中なので終わりしだい書きます。

椿ルート

まだプレイ中なので終わりしだい書きます。

泉こなつ・ちなつルート

キャラデザに釣られて一番初めに選んだ双子ルート。

こなつは完全なネタキャラですけど9割位下ネタしか言わないんで、双子ルート全体が下ネタだらけで終始ここでは書けない事ばかりやっており正直、好き嫌いが分かれそう。

一応デートをしているイベントもありますけど、他のキャラが入ってくる事が多いんで恋愛要素を期待してる人にとってはちょっと物足りないかも。

そもそもちなつが幸に告白してる時点では幸は双子の事を恋愛対象としてみてません。
というか最後まで幸が双子の事を恋愛感情で見てるとは到底思えないような感じでした。

個人的に唯一良かったと思えるのはこなつと月と雛山妹の部分。
ここでは普段ちゃんとしている月のキャラが良い意味で崩壊してるので普通に良かった。

ストーリー全体の感想は幸はお金がもらえて、双子も自分の欲求を満たせるというある意味今作のコンセプトであるレンタル人材派遣に沿ったストーリーだと思いました。

新海月

ブラコンまではいかないけど決して兄の事は嫌いじゃないという絶妙な距離間で今までのアサプロ作品の中では一番正統派な妹をしていて良かったです。

個人的には逆に攻略対象にしなくて良かったと思えるくらいの可愛さでした。

最後に

最近のアサプロ作品はギャグキャラが少ない代わりにギャルゲー本来の萌え度が上がっており共通ルートと個別ルートのバランスが良くなっているという点は最後までプレイしたい人にとっては良いと思います。

ただAsaProjectの作品をプレイしたいという人にとってはちょっと物足りないと感じるかもしれません。

個人的にはアサプロにエロい部分(笑えるシモネタは歓迎ですが)はほとんど求めてないんで次回はぜひともギャグ路線でいってもらいたいなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする