アニメ「妄想代理人」の謎の部分を考察してみた

Pocket

全話視聴しても謎が深まるばかりのサスペンスアニメ「妄想代理人」。

アニメからわかる範囲で考察してみました。

考察なんで完璧な答えじゃないんで注意してください。

完全なネタバレなので全話見終わった後に見ることをおすすめします。

スポンサーリンク



「マロミと少年バットが同じ」の意味

馬庭はストーリーの後半で「マロミと少年バットは同じ」という事を何回も言っていました。

アニメを見ていると共通する部分が2つ見えてきます。

それは

  • みんなの救いになっている所
  • すぐに世間に広まったという所

という2つです。

少年バットは「自分のせいでは無い」、「全部少年バットがやった」という責任転嫁の思いが頭の中で具現化した存在。

そしてマロミは自分自身を励まし肯定してくれる存在。

少年バットは全ての人の心の中の代理人であり、マロミは心の中の代弁者

二つに違いはあれど人の心を救ってくれる存在という部分は同じなんじゃないでしょうか。

それともう1つが両方ともTVなどでとりあげられあっという間に世間に広まったというのも共通しています。

マロミはポジティブに、少年バットはネガティブに広まりました。

何故みんながマロミを必死に求めていたのか

ストーリーの後半で街の人々がマロミを求めて暴動を起こしているシーンがありました。

マロミはストーリーの中で流れていたアニメの中でも自分には才能が無いと嘆いていた野球少年に対して

「そんなこと無い。君はきっと疲れているんだよ」、「休んだほうがいいよ」と励ましていました。

その後「休みなよ」とまるで視聴者に向けて語りかけるように何回もループしていました。

これはマロミが人の心の中での「癒し」というか

「無理をしなくていいんだよ」、「頑張らなくていいんだよ」という自己肯定を代弁してくれているかの様な存在に僕は見えました。

だからみんながマロミを必死に求めていたのは世の中の人々が「自分自身を肯定して励ましてくれる存在が欲しい」と同時に、「今の世の中には心に余裕が無い人が多い」というメッセージなんじゃないかと僕は考えました。

馬庭は何故老人と同じ式を地面に書いていたのか

たぶん妄想代理人の中で一番気になる所じゃないでしょうか。

最終話で白髪になった馬庭が1話の老人の時と同じ様に地面に式を書き、何かに気づいたように前を向きました。

二人の書いた式が同じなのか比べてみました。

上が老人で下が馬庭の書いていた式ですが全く同じです。

仮に二人の書いた数式、行動が完全にリンクしているなら

馬庭は少年バットに変わる新しい何かが来たことを予知したと考えられます。

というのも1話で老人が前を向いた後に起こったのはバスに乗った月子を発見した事と、「少年バット参上!」と書かれた壁の落書きを発見した事でした。

実際に1話の後半から少年バットが登場しているので、馬庭が前を向いたのは新しい物語が始まったと考えられます。

「妄想代理人」って結局なんなのか

アニメの中での「妄想代理人」という意味なら少年バットの事を言ってると思います。

上でも書きましたが少年バットは「責任転嫁の妄想」という目に見えないフワッとした物をわかりやすく形にしている存在であり人々の妄想の代理人の役目を果たしています。

じゃあ代理人ってどういう意味かというと

代理人とは自分以外の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと。または、自分以外の利益のためと称して行う人のこと。代行者代弁者とも。

少年バット自身にとっては何の利益もならないけど頭の中で生み出した人にとっては少年バットのせいにする事でなにかしらの利益が得られる。

つまり少年バットは人の嫌なことを請け負ってくれる救世主という事がわかります。
一応マロミも当てはまりますが人なんで少年バットだけにしておきます。

だからOPでも草原の上で少年バットが笑っているという爽やかな映像が流れているんだと思います。

実際の事件で2年以上前に会社に行きたくないという理由で誰かに襲われたことにして自分で自分を刺した事件がありました。

参考:「会社に行きたくない」という理由で自分を刺した男性に同情の声 「仕事辞めよう。下手したら人生やめることになる」

こういう事件こそ妄想代理人(少年バット)の仕業といってもいいんじゃないでしょうか。

妄想代理人のストーリーがよくわからないのはしかたない

そもそも妄想代理人を製作した今監督があえて謎を残す形でアニメを作っていると発言してるんで全て理解できないのは仕方ないんです。

何か解釈すれば綺麗に謎一つなくなると思ったら大間違い」と今監督がラジオで語ってました。

「何を書くかよりも何を書かないか」、「どれだけ謎を解いてどれだけ謎を残すか」というベタなサスペンスにしないための工夫がアニメから垣間見えました。

見てる側からするとストーリーって複線や謎だった部分が全部出たほうがスッキリすると思いますが僕的には色々考える事があって面白かったです。

アニメを見るならdアニメストアがおすすめ

僕も入っている「dアニメストア」はアニメ好きなら絶対おすすめの動画配信サイトです。

アニメのみに絞ってるんで月額が400円(税抜き)とアニメ見放題サービスの中では一番の最安値(僕もこれが理由で利用し始めました)。

ラインナップも人気作品だけじゃなく、「妄想代理人」の様な古めの作品もあるんでもし気になる作品があればチェックしてみてはどうでしょうか。

初めて利用する人なら約1ヶ月は無料で試せますよ。

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする