ゴールドジムの客層ってどんな人が多い?疑問に答えます。

Pocket

最近、体重の増加が止まらない状態の鮫氷です。

そのせいもあってついにジムに通い始めました。

どのジムに通うか家に近い複数のジムを検討していたところ、偶然にもその中にゴールドジムがありました。

個人的に「ゴールドジム=シュワちゃん=筋肉マッチョマンの宝庫」みたいな感じで

第一印象ではダイエット目的の鮫氷にとって少し近寄りがたい存在でした。

同じように多くの人がゴールドジムに対して

「ゴールドジムってマッチョの人しかいないんじゃないの?」

「ガチで鍛える人以外いないんじゃないの?」

と思ってる人もいるんじゃないでしょうか。

ですが見学して実際に通ってみると思っていた印象と違いました。

今回は私が実際に通っている店舗の客層を紹介したいと思います。

※私が通ってる店舗の事なので、ゴールドジム全体の事ではないのをご了承ください。

もしゴールドジムに入会したいと考えてる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク



フィットネス

ヨガやエアロビ、エクササイズなどのフィットネスの場合は9割以上が女性でした。

9割と書きましたが私が見てる中では男性は1人もいません。

他にもバレエなどがあるので完全に女性にターゲットを絞ってる感じ。

年齢層は20~50代位がほとんどを占めています。

私自身、ヨガなどには興味があってやりたいと思ってましたがさすがに断念しました。

あの中に混じれるのは鋼のメンタルを持ってる人だけだと思いますよ本当に。

マシン

ゴールドジムといえばマシンだと思いますが私の通っている所でもやっぱりマシンのスペースが一番広いです。

ここでは実際にマシンを利用してる人の男女比年齢層を紹介してます。

男女比

マシンを利用する客層の男女比は個人的な印象だと

  • 男性:7割
  • 女性:3割

位だと思います。

思っていたより女性がいるという印象です。

さらに男性のマッチョとダイエット目的であろう初心者の人の割合としては

  • マッチョ:6~7割
  • 初心者:3~4割

位でしょうか。

やっぱり筋肉をつけるのが目的の人が多いのでマッチョの人が多いのは仕方ないのかも知れないです。

それもあって全体的に黙々とトレーニングをこなしている人が結構、多かったです。

コミュ障の鮫氷にとっては疎外感がなく鍛えることに集中できるのでとてもありがたいです。

一方、女性のほうは割合というよりは全体的に太っている人がほとんどいなかったです。

残りの人はもうすでに痩せていたり、明らかに鍛えてるだろうなというような人ばかりでした。

女性がダイエット目的でマシンを使うのは少しハードルが高そうだと感じましたね。

年齢層

年齢層は全体的に若い人が多いです。

男性は20~40代が8,9割を占めていて、あまり高齢者とおぼしき人は見かけません。

実際、男性トレーナーの方も20代、30代の若い方が多いです。

もし50代以上の方が初めて一人でゴールドジムに行くとなると少し疎外感を感じるかもしれません。

女性もやはり20代,30代が多いですが、こちらは以外にも50,60代の方も少しですがいます。

まとめ

ゴールドジムは年齢層が全体的に若い。

これだけは実際に通ってみて一番感じました。

私の母は別のジムに通っていますが、話を聞くとそこには高齢者の方も多いと言ってます。

ゴルフやプール、テニスなど楽しんでスポーツをする場所みたいになってるそうです。

一方ゴールドジムはやはり目的が「ダイエット」では「鍛える」という人が多いです。

結構ストイックにやってる人が多いのでそういうのを見ていると

「自分もがんばろう」

というモチベーションのアップにつながります。

ダイエットを考えていて自分に甘くなってしまう人にはゴールドジムはおすすめです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする