抱き枕カバーの飾り方を色々試してみた。

Pocket

「抱き枕カバーを飾りたいけどどうやって飾ったらいいんだろう。」、「できるだけ壁はきずつけたくない」

抱き枕カバーを使うだけじゃなくて飾りたいって人もいますよね。

でも「抱き枕カバーを飾りたいけどどうやって飾ったらいいんだろう。」、「できるだけ壁はきずつけたくない」という人もいると思います。

今回私がどんな飾り方ができるのか色々と考えたり試したりしてみました。

今回紹介する物の9割以上は100均で買える物ばかりなんで手軽に買うことができます。

追記情報
「抱き枕カバーを飾れるスタンドを紹介」を追加しました。(2018年6月7日)

スポンサーリンク




共通で用意するもの

何個か飾り方を紹介しますが共通で必要な物を紹介してます。

・ハンガー

ハンガー選びの注意点としてははさむ部分の面積ができるだけ広い物を選びましょう。

せまい物を選んでしまうと抱き枕カバーをはさんで長い間放置しておくとカバー自体に後が付いてしまいます。

こんな感じではさむ部分が球体的な物が良いと思います。

・突っ張り棒(余裕があれば2つ)

突っ張り棒はできれば一番短くしたときの長さがカバーの横の長さ以下の物を選んでください。

私は今回抱き枕カバーの幅が50cmの物の物を飾ろうと思ったので、今回自分で用意したの突っ張り棒の長さは約40かた60cm位に伸ばせるやつを選びました。

普通に飾るだけだったら別にハンガーだけでもいいんですけどせっかくだからできるだけピンと張っていた方が見栄えがいいですよね。

これは突っ張り棒を使ってないパターンです。

見てわかると思うんですけどはさんでる所より外の部分がたるんでますよね。

これだとあまり綺麗じゃないですよね。

こっちが突っ張り棒を使用したパターンです。

どうですか全然違うと思いませんか?

100円の出費で飾ったときの見た目がだいぶ変わるので絶対におすすめできます。

定規を使用するかも悩んだんですが、長さが調整できないのと定規の角に引っかかったときに生地が傷つくのが怖いので採用しませんでした。

色々なやり方で抱き枕カバーを飾ってみた

カバーの飾り方に正解がないんで色々なやり方を調べたり実際に自分で試してみたりしました。

失敗したのもあるんですが一応その方法も書いておこうと思います。

壁に穴を開けて飾る

正直これが楽で一番簡単で費用も一番安いです。

・ピンフック

こういう感じの壁にピンを刺してフックとして使うやつです。

今回自分は壁に穴を開けたくなかったのでこのやり方はやりませんでしたけど壁にさして後はハンガーを使って飾るだけなので余計なことを考えずに済みます。

持ち家だったら自己責任なので気楽にできますけど賃貸の人にとっては悩むと所ですよね。

100円ショップでも売っているので探してみてください。

おすすめは1キロ耐えれるピンフックです。

木や鉄のドアや壁に飾る方法

やっぱり賃貸だと壁に穴を開けるともし引っ越す事になったときに問題になる可能性があるので簡単にはできませんよね。

なので壁をできるだけ傷つけないやり方を考えてみました。

まず粘着タイプのフックを使用します。

・粘着フック

壁に貼るだけでいいので非常に簡単です。

抱き枕カバーをフックに掛けても粘着がはがれなかったんでとりあえず形にはなりました。

ただ気をほしいのは予想以上に粘着力が強いので壁紙だけには絶対に使用しないでください

ほぼ確実に破けます。

私自身が木のドアにつけてはがそうとしたら全然取れなくてあせって定規を使って無理やり取ろうとしたら定規でドアを傷つけてしまいました…

それぐらい強力ということです。

もし皆さんの家の壁が鉄の壁だったらそのまま使用してもいいと思いますよ。

剥がすときには無理矢理やらないでスプレーを使ったほうがいいです。

このスプレーは壁に貼った両面テープだけじゃなく今回紹介した粘着フックにも対応してるので、もう粘着フックを使っていて剥がし方がわからない人にもおすすめです。

壁紙部分で飾る方法を試してみた

多分ですけど部屋で一番多い部分って壁紙ですよね。

粘着タイプじゃじゃあ壁紙に使えないじゃんという人もいると思いますが、そこでマスキングテープを使ってみました。

・マスキングテープ

このテープの良い所は粘着力が低いので普通のテープだったらはがした時に一緒に壁紙の一部も破ける可能性がありますがマスキングテープならその可能性がぐっと減ります。

上のは一度マスキングテープを貼った後にはがした写真ですけど壁紙が破けてないのがわかりますよね。

最近では部屋をおしゃれにするために使われることも多いので100円ショップでもいろんな模様のテープが売ってます。

運よくダイソーで買った物は粘着力が弱かったので壁につけてはがすときも壁紙は破れませんでした。

次は具体的な飾り方ですがまず飾りたい居場所に粘着フックの大きさより少し長めにマスキングテープを貼ります。

このとき注意してもらいたいのは貼るときは絶対にテープとテープの隙間をつめてください。
粘着部分が隙間の壁紙にくっついてたら剥がすときに壁紙ごともってかれます。
そしたらマスキングテープを貼ったところに粘着フックを貼り付けます。
上の写真だと結構ぎりぎりの長さにしちゃったんで実際はも1枚くらい上に貼るべきでした。
後はハンガーをフックに掛けて完成…と思ったんですがここで問題が。
実際にカバーを掛けてみるとすぐにマスキングテープが剥がれてしまいました
そうです!壁紙を傷つけないがゆえにテープ自体が抱き枕カバーの重みに耐えられなかったんです!!
正直実際に掛ける前まではネットにものってない新しい方法を自分が発見したと喜びましたけど全然ダメでした…

突っ張り棒を使うやり方

多少お金はかかりますけど、どうしても壁に傷をつけたくない人は長い突っ張り棒をおすすめします。
上の画像のみたいな触れる面積が大きい物の方が個人的にはおすすめします。
壁と壁の間を突っ張り棒で固定してから、ハンガーで飾ります。
ただ気軽に違う場所に飾りたいってなった時に突っ張り棒の長さが足りなかったらまた買い直さなきゃならないんでめんどくさいしお金もかかります。
デメリットはそれくらいだと思います。

抱き枕カバーを飾れるスタンドを紹介

この記事を記事を書いた後に飾り方について色々と調べていたんですがまさに抱き枕カバーを飾る為のアイテムを発見しました。

それがこのフロアスタンド

本来はお店などでPOPを飾る物らしいですが、最初この商品を見つけたときに「今まで色々な飾り方を試した苦労は何だったんだ」と思いましたよ。

完全に抱き枕を飾ってくれというフォルムをしてるじゃないですか。

大きさに関してですが

  • 横:400mm
  • 縦:1400~2300mm

なんで横が少し小さいかもしれないですが飾るには問題ないと思います。

価格は送料込みで約3500円と少し高いですが壁を傷つけることがないので一番おすすめかもしれないです。

最後に

最後にまとめると飾る時に必要な道具は。

  • ハンガー
  • 突っ張り棒(小)

で飾り方としては。

  • ピン型のフックを使って飾る。
  • 粘着型のフックを使って飾る。

お金をかけるなら

  • 長い突っ張り棒を壁と壁の間を固定するやり方。
  • フロアスタンドを使うやり方

があります。

結論から言うと木や鉄のドアや壁は100均の物を使っても飾れますが、壁紙をまったく傷つけずに抱き枕カバーを飾るのは難しそうです。

その他の抱き枕カバーについて知りたい方は今まで書いた抱き枕カバーの記事をまとめた記事を書いたのでこちらを参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする