PS2でプレイ!!ギャルゲーのおすすめをご紹介(つよきす)

Pocket

PS2でギャルゲーをプレイしたいなー。でも何を買えばいいのか迷うっちゃうなーとお悩みのあなた。

そんなあなたに数々のギャルゲーをプレイしているこの私が今回おすすめの作品を紹介したいと思います。

ギャルゲーと一言で言っても種類がいろいろ有り、面白さや楽しさを、重視した作品であったり、キャラクターの可愛さを重視した作品であったり、感動できる作品などがあります。

まずは自分がやってみたい方向性を見つけてから購入するのが良いと思います。

スポンサーリンク

面白さなら絶対にこれ!!「つよきす~Mighty Heart~

Princess Soft(プリンセスソフト)から販売されたこの作品ですが魅力としては二つあると思います。
ツンデレな女の子
ツンデレの宝庫と言わんばかりに色々な種類のツンデレのキャラクターがいる事が魅力的であるこの作品は

・主人公の従兄弟で普段は厳しい姉の様な存在で時に手や足が出てしまうが、付き合いだすと甘やかしてくれる部分もでてくる「鉄 乙女

・主人公の幼馴染で言葉遣いが悪く、短気ですぐに怒っている。主人公の事が好きだが中々、素直になれないが、付き合った後は言葉遣いは変わらないが可愛くなる「蟹沢 きぬ

・実家はお金持ちで、頭もよく運動神経抜群、おまけに容姿端麗と全て揃っている。しかし高飛車で常に人に対して上から目線である。付き合いだすと少し態度が軟化して可愛くなる「霧夜 エリカ

・美人だが人を全く寄せ付けないオーラを放っており人との干渉を拒んでいる。しかし、付き合いだすと一転して主人公に尽くしまくるツンデレ界の帝王(個人的には)「椰子 なごみ

・真面目で正義感があるが意地っ張りで中々素直になれない性格なんです。それが付き合っている時も中々素直にならないが良い意味で素直じゃないところが良い「近衛 素奈緒

これらのキャラクターがメインなんですが、それぞれツンデレの種類が違いかぶらないため、それぞれの個性が見事に出ていて印象が薄いというキャラクターが一人もいません。

共通して言えるのは最初の印象と付き合った後での振れ幅の落差がいいと思うんです。特に椰子なごみに関してはこれから先、このキャラクターを超えるような落差を持つキャラクターが現れるとは到底思えないというほどです。

鮫氷新一
この作品の一番のおすすめポイントとしてはなんといっても「鮫氷新一」というキャラクターに尽きるのではないかと私は考えています。

メガネっ子で性格はオタクであり恋愛ゲームをこよなく愛する。オタクだけど暗い訳じゃなくてギターが好きで弾き語りをするなどアクティブな面もあります。

私が使っているニックネームの鮫氷もこの鮫氷新一から取っているほど好きなキャラクターです。

鮫氷新一という存在自体ががほとんどがギャグとかしており、彼が出ているシーンはほぼギャグシーンです。クラスの女子達から嫌われており「ブサイク」、「猿顔」などと言われたり、殴られたり蹴られたりしているがそんなことにもめげないところが面白くて好きなんです。

鮫氷新一が根っからの真面目でこういう扱いならばゲームをプレイしている人も引いてしまうかもしれないのですが彼自身にも問題があり、女性は男性に尽くすべきという考えがあったり、自分の欲望をそのまま口にしてしまうところがあったりと問題になるような所があるため笑えるのだと思います。

声優さんの演技のおかげで彼の性格であったりギャグっぽくなっているところを表現できているのだと思います。あの声優さんじゃなかったらここまで好きにはなれなかったと思います。

終わりに

PS3,PS4のグラフィックが当たり前のこの時代PS2をプレイしたらグラフィックの違いに驚くかもしれませんが大事なのはキャラクターなんです!!キャラクターが可愛ければ多少の事は気にしないでも全然OKです。

ツンデレがとにかく好きだ!!という人はプレイしてみてください。絶対にやって損はしないと思います。

ソフトの値段自体もワンコインで買えるくらい安くなっている為、気軽に購入することができるのも良い点だと思います。

関連記事

ギャルゲーの主人公にありがちな特徴をまとめてみた

[随時更新]PS3でプレイすべきおすすめギャルゲーランキング

PS2で遊ぶ!!おすすめギャルゲーランキング

[ギャルゲー]主人公が特徴的(最強、イケメン)なもの一覧 

PSVITAでオススメのギャルゲー、プラマイウォーズVを紹介 

アニメ化もされたよつのは「猫宮のの」の魅力にせまる。

PS VITAのおすすめのギャルゲーを紹介(ひとつ飛ばし恋愛V)

PS2でプレイ!!ギャルゲーのおすすめを紹介(吸血奇譚ムーンタイズ)

PS2でプレイ!!ギャルゲーのおすすめをご紹介(To Heart2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする