ジョジョシリーズの主人公の強さランキング 誰が一番強いのか

Pocket

ジョジョシリーズの主人公同士が戦ったらいったい誰が一番強いのか。
ジョジョが好きな人なら一度は妄想するんじゃないでしょうか。

この記事では7部までの主人公を対象にどの主人公が強いのか考察して強さをランキングしてみました。

ランキングに関してはその場にある物や障害物などで勝敗が変わる可能性があるので絶対的なものじゃないです。

個人的な意見なのでご了承ください。

パラメーターに関しては成長性だけ入れていません。

スポンサーリンク


ジョジョのアニメを見るならdアニメストアがおすすめ

ジョジョのアニメを見たいと思っている人にはdアニメストアがおすすめ。

dアニメストア現時点で(2019年11月19日時点)は1部から5部まで放送しています。

動画見放題のサービスの中で400円(税抜)と一番コスパが良いのでかなりおすすめです。

また初めての利用なら1ヶ月分は無料になるので気軽に利用できます。

不安ならアクセスして今ジョジョが放送されているか確認する事をおすすめします。

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

1位:空条承太郎

パラメーター(スタープラチナ)

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性
AACAA

最大5秒時を止めるっていうのは単純に強い。

ジョジョシリーズの主人公は接近戦タイプのスタンドが多いので5秒時を止めればまず殴れる範囲には行けると思うのでほぼ攻撃が当たる。

おそらくスタンドの能力自体も止まっていると考えられる為、ジョルノのスタンドでさえも止まると思います。

それに加えてパラメーターを見てもらえればわかりますがスタープラチナは射程距離以外が全部Aなんですよね。(あんまり当てにならないですが)

ちなみに成長性以外の5項目中4項目にAがあるのは

  • レッドホットチリペッパー
  • ブラックサバス
  • ノトーリアス・BIG
  • キッス
  • マリリン・マンソン
  • D4C

の6つだけで主人公では承太郎だけ。

なのでスタープラチナは短銃にスタンドの基本的な力がジョジョシリーズでもトップに位置するほど強いので全く隙がない訳です。

主人公は近距離型のスタンドが多いので攻撃の射程に関してそこまでマイナスになる事がないと考えられます。

2位:ジョルノ・ジョバァーナ

パラメーター(ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム)

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性
なしなしなしなしなし

スタンドの能力だけでいえば攻守において間違いなく一番強いのがジョルノ。

攻撃してきた相手の動きや意志を0にして攻撃する前に戻される。
つまり相手は棒立ち状態になるという事です。

それに加えてスタンドの攻撃が当たれば相手はずっと死に続けるというチート能力。

なので殴るなどの物理的攻撃がメインのタイプだと完全に勝てない。(銃の様な飛び道具も攻撃する意志があると判断される為、ダメだと思います)
攻撃の速さも関係ない(攻撃前に戻される為)とほぼ無敵

ただ時間を止めた中で能力を使えるのかといわれると多分できないんじゃないかと考え2位にしました。(止まった中でも使えるならもちろん1位)

ただジョルノの攻撃が1回でも承太郎に当たれば勝ちが確定するので

承太郎対ジョルノの場合、ジョルノの能力を知ってるどうかで勝ち負けが変わりそう。

3位:ジョニー・ジョースター

パラメーター(ACT4)

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性
ABCAB

こちらもACT4で相手を殴ったら実質的に相手が死ぬというこちらもチート級の能力。

メインは爪弾だったがこれも殺傷能力自体があり数秒だけ追尾機能あり。
加えてACT3を使えば相手と距離が多少あってもいろんな所から攻撃が可能。

と接近戦がメインの主人公の中では攻撃においてバランスが良いキャラクター。

ただ、対ディオの時も止まった時間の中を本当にちょっと動けただけで反撃できるほどではなかったので、時を止められた場合に対処できないという事は承太郎には勝ちにくいと考えられます。

事実7部ではディエゴに負けてたので。

またジョルノに対しては攻撃するだけで元に戻されるので勝ちようがない。

仗助に対してはスタンドのスピードに関してはおそらく負けてると思うので仗助の射程距離に入ったらスタンドで攻撃を入れる前にスピードで負ける可能性があります。

3位と4位は戦い方次第で順位が変わると考えられます。

4位:東方仗助

パラメーター(クレイジーダイヤモンド)

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性
AADBB

物や人を直せるクレイジーダイヤモンド。

物を直すという事は戦いにおいて利用できる幅が広がるので自分の射程圏内に近づくために利用できますし攻撃にも利用ができます。

なので想像になりますがジョルノと戦う場合、スタンドの攻撃だと0にされると思いますが物を直した時に元の位置に戻ってくるのを利用した攻撃(吉良に使ってやつ)なら「あくまで物が戻ってくる間にジョルノがいた」と考えられる為、攻撃と解釈されずにダメージを与えられるんじゃないかと僕は考えます。

スタンドの力はジョニーや徐倫よりスピードと精密性が高いので射程距離内に入りさえすれば2人は打ち負けることはないと考えてます。

承太郎と仗助はパワーやスピードがどっちも強いので比較できませんがやっぱり時を止められると勝てないんじゃないでしょうか。

射程距離はDと書いてありますが近接系型の主人公の射程距離は大して変わらないんであんまり意味はないと思います。

5位:空条徐倫


パラメーター(ストーンフリー)

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性
AB1~2mAC

自分の体を糸にして自在に操る能力であるストーンフリー。

糸自体が千切れれば自分にもダメージを負うので攻撃の射程が延びる代わりにダメージを負う可能性も増える。

なので仗助や承太郎などの攻撃スピードが速いスタンドと真正面から戦っても勝てるイメージができません。

また攻撃の射程が比較的広い対ジョニーに関してもスタンドの攻撃を1度も受けずに徐倫の攻撃だけ当てられるかというとやっぱり難しいと思います。

スタンドのパワーやスピードは仗助などと比べると劣り、糸になってできる事も限られると考えて5位にしました。

6位:ジョセフ・ジョースター

人間として強いという位でスタンドを使用できないので3部以降の主人公よりかはだいぶ弱いと考えられます。

となると1部のジョナサンと比べるしかない訳ですが、力や能力はほとんどジョナサンとほとんど変わらないと思うので頭脳戦に長けてるジョセフの方が一歩リードしているかなと考え6位にしました。

7位:ジョナサン・ジョースター

同じくスタンド無しの波紋の力を使える1部の主人公。

頼りの波紋も肉体の強化と特に吸血鬼に効果がある以外は未知数、というかジョセフと同じで対人間に関して利かないと思います(そもそも攻撃があたらないかも)

これもスタンドがある3部以降と比較するのはあまりに可哀想だと思います。

ドラゴンボールでいえばレッドリボン軍の時の悟空とセル編の悟空を比べるようなものでそりゃセル編の方が強いに決まってる

最後に

個人的には

1位(2位とは条件付き)> 2位>>>3位(4位とは状況次第)>4位>5位>>>>>>>6位≧7位

の様なイメージです。

最初に言ったように戦う場所や周囲の状況、相手のスタンドの能力を知っているのか等の条件で勝敗が変わる場合があるのでこの順位が絶対だと思ってません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする