[レビュー]エポック社のニュークリアコレクションケースの感想。

Pocket

前回はダイソーのフィギュアケースのレビューをしましたが今回はエポック社で販売されているアクリルケースのニュークリアコレクションケースのレビューをしてみたいと思います。

アクリルケースを探している人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク



今持っているフィギュアケースの紹介

エポック社で販売されているニュークリアコレクションケースには色々種類がありますが今回はその中で僕が持っている2種類のケースを紹介します。

ニュークリアコレクションケースLW400UVクリアー


ニュークリアコレクションケースシリーズの中で一番大きいサイズです。

底が透明で見た目の印象だとかなり縦長ケースという印象が強いです。

サイズ

・幅:39.8cm

・奥行:17.1cm

・高さ:23.3cm

ねんどろいどやキューポッシュだったら奥に小物なんかを置いても飾れる位には余裕があります。

また高さに関してですがゲームセンターで取れるプライズフィギュアもギリギリですが飾れます。
10体ほどプライズフィギュアを持っていますが入らなかったのは1体のみだったのでまぁ結構な種類は飾れると思います。

価格はたしかこのケースを買った時は3000円台でほんとだったらこのケースはおすすめしたいところなんですが、このケースは現在は販売中止になっているっぽくてamazonで価格がかなり上がった状態で売られています。

なので今は無理してこのサイズのケースは買わないほうがいいと思います。

ニュークリアコレクションケースW400UVスモークブラック


上で紹介したケースは底が透明でしたが、こっちは底が黒のタイプのケースです。
それ以外には見た目的な違いはほとんどないです。

サイズ

・幅:39.4cm

・奥行:18.2cm

・高さ16.6cm

自分が持っているねんどろいどとキューポッシュとfigmaを一緒に入れてみましたがきちんと収まります。

前の扉が開くタイプのフィギュアケースでフィギュアを飾るときもこうして開けっ放しにできるので結構便利です。

ただ扉部分は軽く押すと簡単に凹む(元に戻る)ので地震などで前面から落ちたときに扉の部分が外れそうで耐久面ではちょっと不安です。

最後にこのシリーズは組み立て式とかじゃないんで買ったらそのまますぐ使えますよ。

ケースの比較をしてみた

100均のダイソーで買ったケースと一緒にサイズを比べてみました。

まずは全体図。

次に正面ですが、ねんどろいどを基準にしちゃうと奥の2つはだいぶ高さが余っている感じがします。

続いてニュークリアコレクションケースのLWWの左右の横幅がどれ位違うのかですが結論を先に言うとほとんど同じです。

まず左側、見てもらえればわかりますがほとんど同じ位です。

次に右側、まぁ同じ位ですね。

奥行も同じ位、違いは高さ位で大体同じ感じです。

その他の違いとしては左のWの方は前の扉を上まで開けたらそのまま固定できます。


ただLWの方は元から不良だったのか上まで扉を挙げても固定されずに下に戻っちゃうんでフィギュアを配置する時に少しイライラしました。

結論

ねんどろいどやfigmaを複数体飾りたい人にはニュークリアコレクションケースWシリーズで十分だと思います。

写真には写ってないんですがひな壇も付属していて、奥行もあるんで前後に2体飾れるくらいの余裕があるんでがんばれば10体位は飾れます。

もしもっと安いフィギュアケースが欲しいという人は100均のダイソーで買ったフィギュアケースもレビューしているのでよかったら参考にしてください。

また他のフィギュアケースはどんなのがあるのか知りたいという人は色々な種類のフィギュアケースのおすすめを紹介している記事があるのでこちらも興味があれば覗いてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする