並行輸入品とは何か。意味を具体例を使ってわかりやすく解説。

Pocket

amazonの商品名や説明欄に「並行輸入品」という文字を見かけた事はありませんか。

なんか怪しいし偽者を販売しているんじゃないの?

と思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

ここでは並行輸入品の意味とは何か。正規輸入品との比較や具体例をふまえて説明しています。

スポンサーリンク



並行輸入品とは何か

まず最初に日本流通自主管理協会というサイトにて並行輸入とは何かという一部分を引用させていただきます。

正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。

海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

引用:日本流通自主管理教会 並行輸入とは

なんか難しく書いてありますが簡単に言うと海外製のブランド品を輸入するときブランドと直接契約している代理店を通して日本に輸入するのが正規輸入品

この正規の代理店になるためにはブランドのメーカーから毎月契約した数量分輸入しないといけないので個人や小さい会社では契約すること事態が難しくなります。

一方代理店を通さない個人などが海外ブランドの商品を現地の販売店やネットショップなどで購入して、それを日本に輸入するのが並行輸入品です。

※この個人というのは輸入業者のバイヤーなども当てはまります。

つまりどちらも正規品を取り扱っているという点では同じなんです。

並行輸入品の種類

基本的に海外で作られたブランド品などだったら日本に輸入すれば何でも対象になります。

  • 家電
  • 時計
  • バッグ
  • 化粧品
  • おもちゃ

など挙げたらきりがないくらい種類があります。

気になる人はamazonで「並行輸入品」で検索すれば百万件以上の検索結果が出てきます。

正規輸入品と並行輸入品とは何か具体例で説明

あなたが海外ブランドであるグッチのバッグを買いたいとします。

でも自分で海外に行って直接買いに行くのは大変ですしお金もかかりますよね。

そこであなたは日本でグッチのバッグを買おうと思いました。
その時、二つの方法が出てくると思います。

お店で買う個人から買うかだと思います。

正規輸入品を買う場合

お店で買う場合はグッチが契約している日本の代理店であったりオンラインショップで購入するというのが一般的だと思います。

これが正規輸入品を買うということです。

さらにデパートなどの小売店が正規品のグッチのバッグを日本の代理店から買い、それをあなたが買うのも同じ意味になります。

例として下にグッチの公式サイトでグッチを販売している日本の直営店を検索することができます。

グッチの直営店の検索 GUCCIオンライン

正規輸入品を買うメリットとしてはブランドの販売所から直接購入するので偽物を掴まされる可能性がほぼ無いという安心感があるところです。

並行輸入品を買う場合

僕が直接海外のグッチに行って正規品のバックを買い日本に輸入し、それをあなたに売る。

これが並行輸入品を買うということです。

グッチからしたら僕はグッチと契約をしているわけではない第三者というわけです。

個人での販売経路はヤフオク、メルカリ、amazonなどがあります。

またこの他にもバイヤー(個人)が直接海外で買い付けて、それを自身の会社で販売をするというのも並行輸入品を販売するということです。

わかりやすい会社だとドン・キホーテですね。
ドン・キホーテの中にブランド品のコーナーがあるのを見たことがありませんか。

あれは全部並行輸入品を販売している訳です。

ドン・キホーテのホームページでも扱っているブランド品は並行輸入品だと説明しています。

ドン・キホーテで取扱っているブランド品について 

まとめ

並行輸入品自体は基本的には正規品を輸入している。

だけど並行輸入品と書いて偽物を売る人もいるという事実もあるのでどうしても並行輸入にはネガティブな印象がついてしまう。

また並行輸入品かそうでないかは

  • その商品のブランドは日本製か海外製か
  • その商品をどこから買うか(直営店かネットショップか)

この2点を調べればだいたい判断することができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする