ワードプレスでプラグインの変更保存がエラーになったときの対処方法

Pocket

このブログはwordpressを使用していますがwordpressには数多くの便利なプラグインがあります。

今回、久々にプラグインをいじっていると変更しようとしたときにエラーが出て内容の変更の保存ができませんでした。

色々と原因を調べてみて実践したところ解決できたので解決方法をここに書いておきます。

スポンサーリンク



どういう症状がでたのか?

wordpressを使用していてあるプラグインの内容を変更し保存しようとしたときに

「現在、このページへのアクセスは禁止されています。サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。」

というメッセージが出て内容を変更しようとすると403エラーになり変更内容を保存するを何度やっても保存できませんでした。

最初はこのプラグインだけが変更内容の保存ができないのかなと思い、他のプラグインの内容も変更しようとしましたがやはり同様にエラーが出てきました。

解決方法

色々調べてみるとどうやらサーバー側の問題らしく使用しているサーバーのWAFがアクセスエラーの原因みたいでした。

WAFはネットでいうファイアーウォールみたいなもので第3者のアクセスから守ってくれる働きがあります。

それと同時に害がないアクセスも通さなくなるので403エラーがでたのだと思われます。

WAF設定を無効にするやり方

私が使用しているサーバーはロリポップですがおそらく他のサーバーでもやり方はほとんど同じだと思われます。

1.ロリポップにログイン

2.セキュリティからWAF設定をクリック

3.自分が使用しているURLをクリック

4.WAF設定画面で変更したいURLの設定変更を無効にするを選択

これでしばらく時間を置いたら変更できるようになると思います。

すぐに変更しようとしても反映に時間がかかるので落ち着いて待ちましょう。

僕はこの方法で内容を変更することができました。

あと気をつけたほうがいいのはちゃんとプラグインの内容の変更ができた後はまたWAFを有効にしておいたほうがいいです。

WAF設定の変更で気をつけたほうがいいこと

ここではWAF設定に関しての疑問や気をつけた方がいいことを書いています。

ssl化したURLに関して

独自ドメインを取得し、だいぶ後になって独自ドメインをSSL化した方もいるんじゃないでしょうか。

僕自身のこのサイトもだいぶ後になってSSL化しました。

しかしその場合、WAF設定に登録してあるURLはSSL化している前のものを登録しているパターンが多いと思います。(実際自分がそうです。)

WAF設定に登録してあるURLがhttpで、あなたが今使用しているURLがhttpsだった場合すでに登録してあるhttpのURLでWAF設定の変更をすればきちんと変更してくれます。

なのでWAF設定に新しくhttpsのURLを追加しなくても問題はないと思われます。

「www.」の有無に関して

これは間違えやすいといいますか自分が実際に間違えたことなんですが

僕のWAF設定には今使っているURLの他に「www.」が入っていないURLもWAF設定の中に登録されています。

僕は最初に間違えてこっちのURLのWAF設定を無効にしていました。

当然今使っているサイトのURLではないのでプラグインの変更内容を保存しようとしても403エラーが出て「WAF設定の変更じゃ解決しないのか」と頭を抱えましたがもう一度見直して間違いに気づきました。

最後に

プラグインの内容の変更は結構な頻度で行うと思うのでWAF設定の変更は覚えておいたほうがいいですしWAF設定の有効の戻し忘れには注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする